MENU

e-powerとガソリン車の損益分岐点

 

e-power VS ガソリン

 

 

 

実際は、どっちがお得なのか

 

わからない・・・


 

 

ノートe-powerを選ぶ分岐点とは?
e-powerのメカニズムはガソリンエンジンに比べて約22万円も価格が高いです。

 

 

そこでユーザーが知りたいのがどの程度の距離を走ればe-power搭載に伴う価格アップをガソリン代の差額で取り戻せるかでしょう。

 

 

もちろんなるべく短い距離で取り戻せた方がお得というわけ。

 

 

損得勘定に影響するのは、主にガソリンエンジン車とe-powerの価格差、および燃費の差で燃料代であるガソリンの相場も関係する。

 

 

車両の価格差が小さくて、燃費性能の差は大きく、ガソリン価格の相場が高ければe-powerモデルの方がお得になるわけ。

 

 

また、購入時にはエコカー減税も考慮ポイントです。

 

2017年4月に法改正が施行されましたが、e-powerが免税、ガソリンモデルは減税対象外の車種では実質負担額の違いが大幅に減りました。

 

ノートを含めたコンパクトカーの車種は14万km以上になっています。

 

 

 

e-power a& ガソリンモデル価格 比較
 

X DIG-S

e-power X

ノート新車価格

173万

195万

燃費

26.2km

34.0km

新車時の値引き額 ノート 値引き

 

 

 

 

22万円の差額を取り戻すには?


 

必要な走行距離は 17万キロ!

 

1年間に乗る走行距離
  • 1万キロしか走行しないサンデードライバーで 17年間
  • 1.5万キロ走行するユーザーで 約11年間
  • 2万キロ走行するユーザーで 約8.5年間
  • 2.5万キロ以上走行するヘビーユーザーで 約7年間

 

1年に1.5万キロ未満しか走らない方はガソリン車の方がお得という結果に。

 

 

 

年間走行距離が確実に2万キロ以上というユーザーはe-powerモデルを選択した方がよさそうです。


 

 

※ 最近はガソリン価格が比較的安値で安定しており、e-powerモデルには不利な状況が続いています。